運動でダイエットを成功させるメカニズム【脂肪を燃やして痩せ体質になる】

  • LINEで送る

ダイエットをしようと決意するとまず漠然と運動をすることを考える方も多いと思います。さまざまな運動方法が世の中にはあふれています。テレビCMでもよく流れている施設だったり、ジムへトレーニング行くなどが代表的な運動の仕方でしょう。今回は運動で体重が落ちていくメカニズムをご紹介します。

運動でやせるメカニズムとは

人間には基礎代謝というものがあり、それのおかげで脂肪を燃焼するのです。普段の生活に欠かせない食事のカロリーはうまく燃焼してくれるのですが、大食いの人や食べ過ぎてカロリーをついついとりすぎてしまうとうまく燃焼しきれずに太ってしまうのです。

そこで運動を普段の生活に取り入れると基礎代謝が徐々に上がってくるのです。そうすると俗に言う太りにくい体が出来上がってきます。こうすることにより運動で痩せることができるのです。

有酸素運動の種類【ウォーキング、水泳、エアロビ】

Fotolia_84847663_Subscription_Monthly_450

運動には大きく分けて2種類があります。

1つは「有酸素運動」。これは体に酸素を取り込んで脂肪を燃焼させる運動のことです。酸素を取り込んだおかげで脂肪と糖質を分解させてくれます。

もう1つは「無酸素運動」です。瞬間的に呼吸をとめて行う運動のことで筋肉をつけたいときなどに行うとよい運動のことです。

女性の場合は男性のようにがっしりとした筋肉をつけたい方は少ないと思いますので有酸素運動を行うことをお勧めします。

主にウォーキングや水泳、エアロビなどが代表的です。

逆に無酸素運動の代表的なものはダンベルをあげることや、短距離を走るなどです。

脂肪が燃焼される時間【短時間でも効果アリ】

physiotherapy-595529_640

さて、有酸素運動をすると痩せるとは言いましたが一体どのくらいの時間続ければよいのでしょうか。一般的に脂肪が燃え始めるのは20分といわれます。それ以上長い時間続ければ続けるほど良いのでしょうか。

実は脂肪が燃焼されるには血液中のブドウ糖と大きく関係します。このブドウ糖が消費されるのが20分なのでそういわれるようになったのです。

しかし、これはいつでも良いわけではなく、脂肪を燃焼させるためには空腹の時に行わなければ脂肪は燃焼しないのです。つまり、20分以上運動しなければならないのではなく、正しい運動をしていれば短い時間でも痩せるのです。

有酸素運動の消費カロリーとは【続けることが大切】

ダイエットを成功させるには有酸素運動をやるべきだといいましたが、一体どのくらい痩せるのでしょうか。

まず一般的なウォーキングですと体重50キロの人が1時間やると考えて約260キロカロリーです。

次に水泳でのカロリー消費は315キロカロリーです。エアロビですと250~300キロカロリーです。

こうみると少しわかりにくいですが、ご飯一膳が大体235キロカロリーなのでそのくらいのカロリーは消費していることがわかります。

有酸素運動は縄跳びや階段昇降などこのほかにもたくさんありますので自分に合った運動の方法を見つけるのが大事になってきます。少し痩せたからやめよう。ではなく健康のためにも運動を続けることがダイエットを成功させることになるのです。

脂肪燃焼を助ける食べ物とは【低カロリーで栄養補給】

443c83b738c2a35b4f35eeb711d80abc_s

ダイエット中に食事制限(間食をしない、食べる量を減らすなど)をする方は多いと思いますが、逆にダイエットを成功に導いてくれる食べ物もあるんです。

りんごのような果物は食物繊維が多く含まれており、空腹による食べすぎを防いでくれますし、グレープフルーツも同じく食物繊維を多く含んでおり、さらに脂肪燃焼を施す作用があるのでダイエットにはうってつけの食べ物といえるでしょう。

緑茶のようなお茶も脂質を分解してくれるので運動の合間の水分補給のときや食事のときなどに飲むと良いと思われます。ただ食事制限をするだけでなく、賢く食事をすることがダイエットを成功させる方法なのです。

参考:有酸素運動と無酸素運動




  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ