若返りホルモン・パロチンの効能【咀嚼力UPで小顔になれる!】

  • LINEで送る

重力に勝てない・・・・

年齢を重ねると気になるのが「顔のたるみ」。

ふと5年前、10年前・・昔の写真を見た瞬間、「若い!」と思ってしまうことはありませんか?以前の自分はハリもツヤもある。

でも今は透明感が薄れてたるみ肌に・・数年後の自分を想像したくなくなりますね。顔のたるみは加齢や紫外線ダメージの乾燥等が関係しています。「ヤバい」と思った瞬間から、リフトアップを意識しましょう。

お金も道具も不要、若返りホルモン「パロチン」のチカラ【噛むだけのエイジングケア】

Fotolia_103235717_XS

美顔ローラーを買ったり、エステに行ったり、対策は様々ですが、そんなにこまめにエステに通うのは難しいという人も多いでしょう。そんな場合は若返りホルモン・パロチンが活躍。

パロチンは唾液に含まれる成長ホルモンです。パロチンが沢山分泌されることによって期待される効果は

  • 骨・歯の再石灰化(表面にカルシウムを沈着させる)
  • 毛髪・粘膜の発育促進
  • 造血機能・新陳代謝UP
  • 消化促進
  • 細胞組織修復

お肌や髪のエイジングケアにはもちろん、骨粗しょう症、歯槽膿漏、白内障、皮膚炎にも効果的なホルモンといえます。

パロチンはどうやったら分泌されるの?【早食いはNG!よく噛むこと】

852c066cccbb89729e4729827f5cc346_450

唾液は耳下腺、舌下腺、顎下腺より分泌されるものですが、パロチンが含まれる唾液はこのうちの耳下腺だけ。

パロチンでアンチエイジングする為には「よく噛んで食べる」ことがコツです。

食事だけでなく間食時にも、良く噛むことを意識づけていくことから始めましょう。急いでいるとあまり噛まずにすぐ飲み込んでしまいますが、胃腸への負担や血糖値の急上昇に繋がるので要注意です。時間がある時はゆっくり、しっかり噛んで食べるようにしましょう。特に顎、「奥歯でしっかり噛む」ことを忘れずに。

パロチン分泌UPの食べ物【唾液を増やす食品】

では、できるだけ沢山のパロチン分泌を目指す為にはどんなものを食べればいいのでしょうか。固いもの、弾力のあるものは噛みごたえがありそうですよね。

噛みごたえ感 ★☆☆

食パン、ラーメン、豆腐、ハンバーグ、卵焼き、煮魚、刺身、
バナナ、みかん、いちご
ヨーグルト、ゼリー、プリン

噛みごたえ感 ★★☆

ごはん、パスタ、こんにゃく、かまぼこ、チーズ、ハム、えび、
きゅうり、しいたけ、なし、りんご
チョコレート、クッキー、饅頭

噛みごたえ感 ★★★

餅、イカ、タコ、鶏もも肉、いわしの佃煮、たくあん、蓮根、
ごぼう、アーモンド
ガム、グミ、シリアルバー、するめ

いかがでしょうか?普段食べているものがどのくらいの噛みごたえ感があるか、振り返ってみるのもおもしろいと思います。

固いものばかり食べていて顎を痛めるのもよくありませんし、同じ食感ばかりだとつまらないので、栄養のように食感のバランスも程よいものだといいですね。

ガムを噛んだりマッサージしたり・・日々のシーンでリフトアップ

沢山噛んで食べるのが大切だとしても、一日中何かを食べて咀嚼する訳にもいかないですし、カロリーや塩分も気になりますよね。

まずは3度の食事や間食時にゆっくりしっかり「奥歯で」噛むことから始めて、その他の時間はガム(糖分の高いものばかりにならないよう注意)を噛んだり、耳下腺マッサージをしてみませんか?

耳たぶ付近、上奥歯の周囲に耳下腺があり、刺激すると唾液が出てくるのがわかります。

耳下腺マッサージの方法

Fotolia_43513750_Subscription_Monthly_450

  1. 頬を包むように両手をあてる。
  2. 親指以外の指先が耳下腺にあたるようにする
  3. 強く押さず、やさしくさするような力でグルグルと回す(10回程度)

ガムをしばらく噛んでいると、リラックス効果が。噛む力のある人は脳の働きも活発です。お肌や髪もキレイになって、穏やかで賢い人になれるかも・・!?

参考サイト:唾液中の成分「パロチン」が、美しさに磨きをかける!?




  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ