水素水のダイエット効果とは?正しい飲み方について【水素水の選び方】

  • LINEで送る

ダイエットや健康維持の為に水素水を飲む人が増えています。とっても気になりますよね。

何故ダイエットに水素水が良いといわれているのでしょうか。

水素水は分子が小さいので体の隅々まで行き渡るので「カラダの中を浄化することで脂肪燃焼しやすくなる」といわれています。水素水には抗酸化作用があります。これは体内の「老化の素」である悪玉活性酸素をやっつけてくれるという嬉しいチカラのこと。抗酸化作用といえば、ビタミンやポリフェノール等も挙げられますが、水素水の方が影響力があるので期待したいですね。

水素水を飲めば痩せるの?【ダイエット効果】

ef2ab0020634ccc4ed6b9c475d820d83_s

でも、ただ水素水を飲むだけで減量可能でしょうか?そこは慎重に考えないといけません。

「○○だけダイエット」の言葉を頼って本当にそれだけを行うというのはちょっと違う気がしませんか?カラダの仕組みは複雑です。例えば「これを食べるだけ」というダイエットで一時的に体重は減るかもしれませんが、栄養が偏ってしまいますよね。

カラダは健康的に生きていくには様々は栄養が必要ですし、摂取するだけでなく代謝や排出など、全体のバランスが整ってこそ「本当のダイエット」だと思います。せっかく痩せても髪やお肌がボロボロで血色が悪くふらついていたらちっとも魅力的ではないし、病気にかかりやすくなる可能性もあります。精神的にも負担となって別の心配事を作ってしまいます。

水素水が本当にカラダにいいのであれば、仕組みや飲み方にも気を配らないといけません。

水素水の飲むとどんないいことがあるの?副作用は?

288e5735b38ea9f2453963db15e13b06_s

水素水の効果は・・

  • 悪玉活性酸素の除去(抗酸化作用)
  • 代謝UPで脂肪燃焼しやすくなる
  • 血液をサラサラにする
  • 美肌をつくる
  • 腸内環境を整え免疫力向上

嬉しいことばっかりですね!

副作用については、特に問題がないので安心して飲んでいいでしょう。ただ、カラダにいいから、とガブガブ大量に飲んだりすると下痢を引き起こす程度のことは気をつけなければいけません。

水素水はどんな風に飲めばいい?水素水の正しい飲み方

空腹時に水素水を飲むことでカラダの隅々まで水素を届けて効果が高まります。

朝起きてすぐや運動前に水素水を飲むのがおススメ。

がぶ飲みせず、ゆっくりと飲んで落ち着いてから運動をすると脂肪燃焼率がUPします。

ダイエットや健康のためには、一日1.5ℓ~2ℓの水を飲むのがいい、とされていますが、この中でできるだけ水素水を摂るようにしたいですね。

水素水はちょっと価格的に高いので、まずは起きた時に飲むようにしてもOK。無理すると三日坊主やリバウンドの原因となるので、水素水が気に入ってきたら食事にも飲んでみたり「今日はウォーキングするからその前に飲んでみよう」といった飲み方をするのはどうでしょうか。

どのタイミングで飲むと効果的かを楽しみながら試行錯誤すれば自分のカラダと向き合う時間ができて案外ダイエットがはかどるかもしれませんよ。

水素水は研究途中【医療分野も大注目】

5042f6f594ab25b4387859ed306349a0_s

代謝や病気予防にもおススメの水素水ですが、まだ詳しいことが解っていない、という側面もあります。

水素水を飲むことで、神経肝細胞にも効果を発揮し、記憶力改善につながるという結果も出ているので、今後更に新しい効果が発見されるかもしれません。

筋肉疲労回避の効果もあり、スポーツ選手でも水素水を愛用している人が多いようなので、筆者は是非ウォーキングのお供にしてみたいな、と思います。

危険性については特に謳われていないので、普段の食生活や生活リズムの改善と共に水素水を飲むことで、カラダの巡りを良くして「便秘知らず・お肌ツヤツヤ・元気な毎日」を手に入れてダイエットも成功させたいですね。

水素水の選び方【これだけは覚えておこう!4つのポイント】

b5fa5b5737b59009222a682db45d86ef_s

ネットで調べると、種類が沢山ありました。どれも魅力的な宣伝なので迷ってしまいますが、選び方にはコツがあります。

①小さめで飲み切れる容量
水素水は開封すると水素が逃げやすいという注意点があります。大容量のものを買って、最初だけ水素水の効果を得て残りはただの水・・となってしまわないようにしましょう。

②アルミパウチタイプ
ペットボトルは性質上、分子の小さい水素が逃げていってしまいます。アルミパウチの商品が理想的。
更に、密閉性の工夫をしているものの方が水素が抜けにくいです。
③濃度に注目
水素の最大飽和濃度は1.6ppmです。これ以上の数値の表記が出ているものがあったとしても、それは充填時のもので、開封後には瞬間的に1.6ppmになるので、一般的には選ぶ際に1.0ppm前後のものを目安にするといいでしょう。

④酸化還元電位
これは、溶液中の「酸化させるチカラを持った酸化体」と「元に戻すチカラを持った還元体」について、どちらがのチカラがどのくらい強いかという比較をするものです。酸化力が強いものは「+○○mv」、還元力が強いものは「-○○mv」、均衡だと「±0mv」という表示になります。
通常水道水は+200~+800mv程度、酸化させるチカラの方が強いですね。これに対し水素水は-200~-600mv程度で元に戻すチカラの方が強いです。計測機器や温度によって変化が出る為あまりこだわり過ぎない方がいいのですが、濃度と一緒に極端な数値でないかを参考にして見比べるのもいいでしょう。

サーバータイプもあるようです。濃度や酸化還元電位は目に見えないのですが、価格や容量等、全体的なバランスを考え、自分のライフスタイルに合わせてどういったものが効果的に使っていけるか検討したいですね。

保管、開封後の注意【水素が抜ければただの水】

直射日光が当たると水素が抜ける可能性があるので、冷蔵庫・冷暗所で保管しましょう。酸素に触れると「ただの水」になってしまうので、開封したものはその場で飲み、もし余る場合、アルミパウチ商品なら中の空気を抜いてフタをします。飲み口ギリギリ(もしくは微量が溢れる程度)まで水素水を押し出すようなかんじで空気を逃しましょう。数滴溢れてしまうより、その後「ただの水」を飲む方がガッカリですよね。

今のダイエットがより効果的になるよう、水素水のチカラを借りてモチベーションUP!
参考①:水素水ダイエットで押さえておきたい6つのポイント
参考②:大田成男教授 水素水講演会レポート

 




  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ