時期限定の豆乳がダイエット効果大!「ヤセ期」と「おやすみ期」

  • LINEで送る

せっかくいい調子で体重が減っていたのに、最近停滞続き・・とココロが凹んでしまうことはありませんか?いろんなダイエット情報を集めて頑張っているのに、効果が現れないとガッカリしますよね。原因のひとつとして、痩せやすい「ヤセ期」と停滞してしまう「おやすみ期」の把握不足が考えられます。これを覚えておけば、ダイエット時のモチベーションが下がることなく過ごすことができ、効率的に痩せることができますよ。

「ヤセ期」「お休み期」を知ろう

ダイエット3

ダイエットだけでなく女性のカラダを左右する2大ホルモンがある人間の一生を考えてみましょう。

生まれてから今まで、100%いいことだけでしたか?ほとんどの人は「いいえ」だと思います。その日、その週、その月・・いろんな区切りの中で考えても、「はい」の人は少ないはず。ダイエットも同じです。極端なものを除いて「停滞期」はやってくるものです。

どうして停滞期なんてあるのでしょうか?

今回は女性のカラダについての停滞期なので、男性の皆さんは参考程度に知っていただきたいです。ある2つのホルモンの働きが関係しています。女性のカラダは周期的に「エストロゲン」「プロゲステロン」というホルモンの分泌量の変化がありますが、これが「ヤセ期ホルモン」「お休み期ホルモン」なのです。

この2つの周期を把握することで、自分のカラダが今どういう状態にあるかを理解できてダイエットの助けになるのでしっかり覚えておきましょう。

エストロゲンとプロゲステロン【女性ホルモン】

Menstrual cycle

エストロゲンは、卵巣ホルモンです。エストロゲンの分泌が多くなると、新陳代謝が活発になるのでお肌の調子も良くなるし、気持ちも前向き。ダイエットにも高い効果が期待できます。女性らしいカラダの曲線づくりにも関わる大切なホルモンです。

プロゲステロンは、黄体ホルモンです。プロゲステロンの分泌が多くなると、カラダに水分や脂肪を溜め込もうとするので吹き出物が出たりお通じに悩んだりします。ココロも傾きやすくなるので、この時期は「痩せないなあ」とイライラしやすくつい、ストレス食いにつながることも注意が必要。でも、プロゲステロンは妊娠時の子宮内膜を安定させてくれる働きがあるのでとても大切なホルモンです。

じゃあ、いつがヤセやすいの?【効果と時期】

プロゲステロンは、妊娠すると分泌を継続させます。妊娠していない場合はプロゲステロンの分泌が低下してエストロゲンの分泌と一定状態になります。

これが「月経(生理)」の時期です。28日~38日周期で生理が来ますが、この1つの周期のの中に4つの区切りがあるので、そこを理解するとヤセ期が割り出せます。

「排卵期」→「黄体期」→「月経期」→「卵胞期」→「排卵期」・・というサイクルがあることを覚えましょう。

★排卵期
この前後5日間程度、プロゲステロン分泌増★黄体期
排卵後から生理開始まで、エストロゲン分泌減→お休み期

★月経期
開始から1週間程度、エストロゲンとプロゲステロン分泌一定★卵胞期
生理終了から排卵まで、エストロゲン分泌増→ヤセ期

あなたは今、4つのうちどの時期にいますか?

生理不順でなければ、比較的自分がいつどの時期が来るかを把握できますよね。こういった周期を入力していき管理できるアプリがあるので便利です。生理が終わった頃を狙ってしっかりダイエットに取り組めばきっと結果が出ます。

逆に、特に黄体期は気分や体調もいまひとつの時期なので、ガッカリせずに「今は効果が感じられなくて当たり前、地道に続けよう」という気持ちで食べすぎに注意すればOK。気が重い生理スタートの時期も「もうすぐヤセ期になるぞ」とワクワクできるかもしれません。

お休み期限定で豆乳を飲めば、更にダイエット効率UP!自分の状態をチェックしよう

Soy milk

実は、黄体期には何をしても無駄・・とはなりません。「プロゲステロンの分泌が増えると、カラダに水分や脂肪を溜め込もうとする」とお知らせしましたが、この時期だけ豆乳を飲むと「溜め込み防止」になるのです。代謝を高めて脂肪や老廃物が排出されやすくなるよう働いてくれるので、美肌維持にも役立ちますね。

そんなにいいものなら毎日摂ればもっと痩せそう・・と思いますが、要注意。

黄体期限定で飲むことで効果が高まります。しかも、1日200mlという量を超えた摂取はホルモンバランスを崩す結果に繋がるので「お休み期のみ、豆乳を毎日200ml飲む」のが最適です。

自分の生理周期や体重、体脂肪率、お通じ・・今の状態を知ることで対策の仕方を変化させ、ダイエット成功に繋がっていきます。実践したいダイエットが「いつなら効果的か」を考えてこそ、嬉しい結果を手に入れやすいので自己管理をしっかりしましょうね。

参考:生理周期と痩せ時期を知って賢くダイエット




  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ