日焼け止めの正しい選び方、使い方【「SPF」と「PA」の意味は?】

  • LINEで送る

皆さんは日焼け止め、どんな風に選んでいますか?

夏になると気になるのが紫外線。ドラッグストアに数々の日焼け止めが並んでいて、毎年どれを選んだらいいか悩みませんか?日焼けせず白い肌をキープしたいから「絶対に焼けない」という宣伝や数値の高いものなら安心・・と思っているならば、間違いです。敏感肌ならなおさら危険。知識を身につけてお肌を守りましょう。

紫外線の種類

uv-a and uv-b protection

紫外線は3種類あります。

①UVA
表皮を通り抜けて真皮に届くので、コラーゲン等を壊してシワ・たるみの原因へ。
雲やガラスも通り抜ける為、天気の悪い日や屋内で過ごす時にも浴びています。
②UVB
表皮の細胞膜を壊して炎症・やけど状態等のトラブル、メラニン色素を増やしてシミ・くすみ・そばかすの原因へ。
黒くならず赤くなってしまうのはUVBのせい。有害性はUVAよりもかなり強い。
他にも、白内障、皮膚がん、免疫低下の原因も注意。
③UVC
UVBよりも更に有害。オゾン層で吸収されるため地上に届かない紫外線ですが、今後オゾン層破壊が進むと
地上にも危険性が及ぶ可能性も。。

「今日は曇っているから平気」「出かけないから大丈夫」と思っていませんか?

実は一年を通して紫外線の影響を受けているので日焼け止めは夏だけの季節商品ではありません。秋冬に日焼け止めを使わずに居ると知らず知らずのうちにシワやたるみを悪化させてしまうかも・・

日焼け止めの表示、「SPF」と「PA」の意味は?

日焼け止めを買うときに気にするもの、「SPF」と「PA」の表示。何を意味しているかご存知ですか?

SPF・・・un Protection Factor

これは、表皮の細胞膜を壊すUVBを防ぐ指標。

浴びてから皮膚が赤くなるまでの時間を何倍遅らせるかの目安になります。
SPFは1単位で20~25分。「SPF30」ということは、20分×30=600分、つまり10時間ですね。自分が使っている日焼け止めの数値を見て、計算してみるのもいいですね。数値が高いほど時間は長くなるので防止効果抜群、と思ってしまいますが、薄く塗っている場合は10時間よりも短い時間しか防止できません。「まんべんなくつける」ということも意識して使いましょう。

PA・・・Protection grade of UV-A

浴びて肌が黒くなるのを防御する能力の目安でランク付けされています。

PA+    防御効果が「ある」
PA++   防御効果が「かなりある」
PA+++  防御効果が「非常にある」
PA++++ 防御効果が「極めて高くある」

紫外線ダメージが真皮に長い間蓄積されると、加齢とは別の「光老化」という肌老化悩みを作ってしまいます。お肌の老化原因の8割が光老化によるものだといわれているくらいなので、

エイジングケア=紫外線対策を怠らない

と考えておきましょう。

高い数値のものを使うリスク

敏感肌の人は特に注意。紫外線をしっかりカットしたいからSPF50 PA++++を使えば安心、と思うのは間違いです。日焼け止めに配合されている主な成分にはそれぞれ注意点があります。

紫外線吸収剤・・・お肌の表面で紫外線を吸収させる、という防ぎ方(注意点:肌荒れの原因)
紫外線散乱剤・・・お肌の表面で紫外線を反射させる、という防ぎ方(注意点:乾燥の原因)

そして、数値が高いということは、それだけ強い成分が入っているということもお忘れなく。一年中数値の高いものを使うと、お肌への負担は相当なものになります。日焼けを防げたとしても、結局お肌のトラブルを引き起こしてしまう可能性を考えておくべきです。

上手に使い分け&正しい使い方でお肌に優しい紫外線対策を

5f9a0c47d87f865b1bc83ff85001a314_s

では、どの数値の日焼け止めを選べばいいのでしょうか?一番いいのは自分の行動パターンを考えて使い分けをすることです。

≪SPF15~20 PA+~++≫
屋内で過ごす、洗濯物を干したりちょっとそこまで買い物に行く程度

≪SPF30以上 PA++~+++≫
長時間外出をする、海や山のレジャー等で紫外線を直接浴びるとき:SPF30以上

≪SPF50以上 PA+++以上≫
非常に強い紫外線を浴びる、紫外線に過敏な人

数値が低いから効果がないのでは・・と不安になるかもしれませんが、「正しいつけ方」でしっかりカットできます。一度に沢山つけて一日放置、だとお肌にかなりの負担がかかります。

SPF30程度のものを2~3時間を目安にこまめに塗り直しをすることをおすすめします。その他「頬骨周辺は少し厚めに、パウダーファンデーションを重ねてUV効果UP」「毎日使用するものは吸収剤不使用・ノンケミカル処方を選ぶ」「吸収剤使用のものは特にクレンジングを丁寧に」という工夫も必要。

日焼け直後で荒れている肌にピーリングや負担のかかるパック等は控え、お肌が落ち着いてから使用しましょう。保湿対策と紫外線対策をしっかり行えば、秋以降も弾んだキレイ肌でいられますよ。

参考:使い方を間違えると効果がない?!日焼け止めのSFP・PA・+++、正しい意味を知っていますか?




  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ