冷やごはんのレジスタントスターチ【食べて痩せるダイエット 便秘解消に空腹感抑制効果も】

  • LINEで送る

カロリー制限、糖質制限・・制限ばかりで嫌になってリバウンドしていませんか?肥満状態でもそうでなくても、好きなものばかり食べては不健康です。ダイエットを考えた時、まず「ごはんを抜く」というのを実践しますよね。確かに炭水化物を抜くと、特に体重に結果が現れやすいですが、全く白ごはんを食べられないのも困ったものです。

炭水化物はできるだけ摂りたくないけど、お米も大好き・・・・

そこで、痩せる白ごはんを紹介します。あくまでも控えめに、というのが原則ですが、痩せる白ごはん「冷やごはん」はとっても優秀だしストレス軽減にもなりますよ。

Sponser Link


食べるなら炊き立てが美味しい、でもそこはガマン!冷やしましょう。

炊きたてほかほかのごはんはつややかでふっくら甘く、おいしいですよね。

でも、温かい状態で白ごはんを食べると、全てが腸で吸収されます。糖分が吸収されますね。

実はこの温かい白ごはんを冷ますことで、レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)という成分量が増すのです。レジスタントスターチは小腸で吸収されずに大腸まで届き排出されます。

難消化性デキストリンのように脂肪や糖の吸収を抑え、ミネラル吸収も高めてくれて嬉しい成分ですね。
(参考:難消化性デキストリンを使ってみた。そのダイエット効果について

ダイエット中は空腹との闘いに悩みがちですが、こちらは空腹感抑制効果も期待できるんです。腸内環境を良くしてくれるので、せっかく炊けたふっくらごはんでも意を決して冷やしましょう。

痩せる白ごはん「冷やごはん」の作り方、食べ方

水分やや少なめ、かためのごはんが炊けたら、常温で冷まします。

・・

・・これだけです。

・・物足りないでしょうか??

本当にこれだけで痩せる白ごはんが完成です。

簡単ですよね。面倒くさがりの方でもこれならすぐにできるので是非実践して下さい。

常温でゆっくり冷ますのが重要ポイント。これだけでレジスタントスターチ豊富な痩せる白ごはんに変身しちゃいます!1日1膳分を目安に食べましょう。

間違った「冷やごはんづくり」は痩せない!要注意行動&温め直し

早く食べたいから、と時短で冷蔵庫や冷凍庫に入れて冷ますのは厳禁。NGです。

常温でゆっくりと冷ますことでレジスタントスターチが増えてくれます。自宅でごはんを毎食炊いているのであれば、少し早めに炊き上がるように食事時間とのタイミングを考えましょう。お弁当の場合は、食べるときにレンジでチン、をしないように。

冷やごはんを作って、冷蔵庫や冷凍庫で保存した場合は、一度チンして再度常温で冷ませば大丈夫です。食べすぎは良くないですが、1日1膳分を目安に食べてみましょう。コンビニ弁当等のごはんにはコーティングの油や添加物が入っている可能性があるので、自宅で炊いたごはんが安心です。雑穀米や玄米もOK。手作り弁当持参の方は是非ごはんは冷たいままで食べましょう。

ごはん以外にもレジスタントスターチ効果!食事を楽しもう

実は、同じ炭水化物のジャガイモもおススメなのです。ホクホクのポテトフライはガマンしなければいけませんが、茹でたジャガイモを冷まして作るポテトサラダなら、レジスタントスターチの効果があります。

こうして工夫しながら食べてOKの食品を見つけていくとダイエットが楽しくなりますね。冷ますことで小腸での吸収を抑えることができるため、通常のでんぷんのカロリーよりも約50%減の摂取になりますし、大腸に運ばれると便の量が増えて水分も与えることから便秘解消になります。善玉菌が育ちやすい腸内環境で大腸がん予防も意識しながら食べましょう。

「よく噛む」ということも立派なカロリー消費となる為、冷やごはんがあるとダイエット中の食事も満足感UP!是非試してみてください。

レジスタントスターチについては「糖質ゆる制限ダイエット日記⑦【食べ放題との闘い】」で実践していますので、こちらも併せてご覧ください。

また、便秘にお困りなら「翌朝ドッサリで噂のバカ売れ茶」も効果が高いと評判ですのでお試しください。

翌朝ドッサリで噂のバカ売れ茶




  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ