ストレッチで痩せてみる【お尻編】

  • LINEで送る

こんにちは。一昔前は体にくびれがなかった私です。今でこそ、ボンキュッボン(古い?)とまでは行きませんが、そこそこのメリハリはある体だとは思います。主に下半身デブでお尻と太ももの境目というものが私にはありませんでした。

引き締まったお尻がうらやましい

夏といえば海、プール。皆さん水着になりますよね。私も女の端くれですからかわいらしい水着はほしかったんです。友達とプールに行ったときに、友達が大人っぽい黒いビキニを着ていたのを見てたらもううらやましくてたまりませんでした。でも当時の私は太っていましたから、お腹なんてとても出せません。ましてやお尻の境目もありませんでしたから、あんなに露出した格好なんてできませんでした。

痩せたい。でも胸は落としたくない。

女子にとって胸ってとっても大事なんです。見栄ももちろん多少あるんですが、服を着たときに胸がなかったら見栄えが悪い気がするんです。でもよく言われるのがダイエットを始めたら胸から落ちていくということ。よくあるジョギングなど胸を揺らす激しい運動は胸を落とす可能性があるのでこれについては私は行いませんでした。

とりあえずウォーキングなど簡単な運動から始めました。体重は落ちていくんですが、でもくびれはつきませんでした。

ストレッチで下半身痩せ

たまたまTVを見ていたときです。芸能人の方がひねるだけで下半身痩せをしたという内容でした。方法は簡単です。まずまっすぐに立ちます。足を後ろに斜め後ろに引きます。そのまま15秒くらいキープします。

終わったらもう片方の足も同じようにします。たったこれだけで20キロも落としたそうなんです。信じがたい内容だったんですが専門家によるとこれをすることによって下半身の筋肉すべてが鍛えられるんだとか。さらに一番鍛えにくい内腿には電話帳などの分厚い本を挟むだけでOKらしいんです。その方は日本準ミスにまでなった方なので信憑性は高いかなと思いやってみることにしました。

ストレッチ

こんな感じでひねります。特に足を浮かせる必要もありません。

そもそも下半身だけが落ちない理由とは?

運動して上半身は痩せた!とか、体重は落ちた!という声はよく聞くと思います。でも下半身が痩せた!というのはあまりないのでは?これにはいくつかの原因があるんです。一つ目は前にもご紹介したセルライトです。お尻や太ももなどの水分や老廃物が固まってしまったものです。2つ目は下半身のズレです。よく足を組んで座る方はいないでしょうか。日常のささいなことでずれというものはおきてしまうのです。少しずつ筋肉のが衰えて代謝が落ちてしまいます。こうしたいくつもの原因の積み重ねで下半身は太ってしまうのです。上半身とは太るメカニズムが違うのでその分下半身痩せは難しくなってしまうのです。

実際にストレッチをやってみた感想

まずは立ったままひねるストレッチをやってみました。まず思ったことがバランスをとるのが難しい。結構ふらふらしてしまいます。でも慣れてくるとバランスもとりやすかったです。そうすると今度は本当にこんなので痩せるのかなって不安になってくるんです。ですが、数週間後にはお尻と太ももに境目ができていました。お尻を鏡で見てみるとちゃんとくびれていたんです。これに感動してしまって、下半身ダイエットはすぐにやめてしまいました。数年たった今でもあのときに作った境目はちゃんとあります。ただ、割れ目の下である太ももを触ってみると脂肪がたっぷりとついているのでセルライトだらけのようです。今は太ももの部分痩せを行っているのですがなかなか効果はすぐに現れてくれないようです。




  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ